FC2ブログ

ロンドンへの旅7

こんばんわ。ふっしい。@CaziCaziリーダーです。

本日(8/15)は、今朝も、おきつ亭で、響さんお手製の朝食を食し(やはり、美味い)帰宅の準備をし、フィンチリーセントラル駅で、お別れ。8/9-15まで、お世話になりました。
彼と、お別れの瞬間は照れ臭いものでしたが、また、金沢かロンドンで会いましょう。日本からロンドンに行く感じや、ロンドンの地下鉄の感じも分かったので、問題ない。

そして、金沢への帰路へ。
これがまた、遠い。
ヒースロー空港まで、1h30くらい。
そして、ヒースローで、Eチケットの記載ミスで間違えてターミナル2に行ってしまい、ゴチャゴチャ会話して無駄に疲労。。。

手荷物検査等々を突破し、ギリギリでゲートへ向かう。そこで、別便で帰国するドラムが、俺のことを偶々見つけ、奇跡的な出会い。(ヒースローは人が多くて多人種がゴチャゴチャしてるのです。)

そうこうしてると、バンコク行きの搭乗が始まり、乗り込む。隣の席は、かなりムキムキの黒人。軽い会釈をし、横に座る。

ムキムキの黒人は、俺の肘掛けを占領しているため、機内食用のテーブルが出せない。(ガサツな感じだなぁ。)
英語は達者では、ないが、英会話を数年間やってたので、外人に抵抗感はあんまないので、エクスキューズミー、と伝え、ムキムキの肘をのかして貰いました。

顔面が黒いだけで、表情は優しい感じだったので、結果的には、良い人でした。
それから、バンコクまで約13時間、機内食を2回食べ、映画を4本見て、それでも時間があまるので、右となりに座ったイギリス人カップルのイチャツキ具合を観察しながら、バンコク到着。

ここでは、乗り換え1hだったので、楽勝でした。行きで大分迷ったので、もうバンコクの空港は見切っていたので、迷いなく乗り換え。
成田行きということもあり、日本人だらけ。
機内に乗り込むと、おっさんと、じいちゃんに挟まれて着席。

日本人だらけなのに、タイ航空なのでスチュワーデスはタイ人のため、英語で聞いてくる。
となりのじいちゃんが、機内食で、チキンか、オムレツかを聞かれてるのに、何故かフィッシュを連呼する。(よっぽど魚を食べたかったのか。。。)
余計なお世話かなと、思ったが、魚なくてチキンならありますよと教えてあげた。

次に、じいちゃんは機内のテレビを上手く操作出来ないらしく、教えて欲しいといってきた。
私は、このテレビを30h以上触りまくったので、機能はホボ熟知している。

じいちゃんの期待値を汲み取り、わかりやすくレクチャーした。

そして、なんだかんだと成田に到着。

じめっとしている。

出口へ向かっていると、係員の人が、私の名前が書かれた紙を掲げて立っている。

預けた荷物を成田でピックアップしてから、羽田に行って欲しいとのこと。
(ヒースローの荷物預けたとこで、小松で、ピックアップと浅黒い彼女は言ったのに、やはり、成田で呼び出し。)

その後、成田、羽田間のバスが渋滞で遅れ、羽田で、またもやダッシュ。

そして、何とか小松行きに乗り込む。

かなり、ガラガラでしたな。最後は、のんびり金沢に到着。

2014/8/8-8/16
少しだけ、成長できた期間でした。
今回の旅に関わった、全ての登場人物に感謝。

そして、こんな機会をくれた、一川響こと沖津悌四郎に。。あんましたくないけど、感謝やな。


ふぃん。。
スポンサーサイト



00:19 | 未分類 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
色奏 vol3 ありがとう | top | ロンドンへの旅6

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://cazicaziblog.blog86.fc2.com/tb.php/153-fc9c95da