FC2ブログ

ロンドンへの旅1

こんにちは、ふっしい。@CaziCazi Mixエンジニアです。

8月8日の午前9時に金沢をでで、34時間程かかって、イギリスは、ロンドンのFinchley Centralに来ました。
理由は、ロンドンで生活している元CaziCaziメンバーの津軽三味線奏者との再開です。

経路はといいますと、
金沢〜小松〜羽田〜成田〜バンコク〜ロンドン
という、飛行機を三回乗り継いで、きました。
成田〜ロンドンの直通便は、半端なく高い。ので、無駄にバンコクを経由して行きまきした。

1人で体当たりでいくと色々気づきますね。

まず、飛行機で預けれる荷物は、20kgでそれを超えると、追加料金がかかる。今回ベース持って行ったので、小松の検査で直ぐに超えてしまいました。なくなく手荷物として、持込み20kg以下にしました。

成田での手荷物チェックで、洗顔フォームやら、髭剃り用のジェルですら、液体として見なされNG。めんどくさいですねー。

バンコクに到着し、スタバで一休み。
空港内で無料Wifiが2hまで使えるとは、何ともタイは優しい。現地時間では、夜中12時くらいなのに、さすがハブだけあって、色んな国の方々が、おられました。
20代前半の日本人も、結構いましたねー。

タイ〜ロンドンまで、空路で13時間。
イギリス人ファミリーに囲まれ、
激狭のエコノミーで忍耐でした。
ただ、隣の席のビッグママが、色々気を使ってくれて狭い意外は、快適でした。

そして、ロンドンは、ヒースロー空港に着。

入国審査では、事前にロンドンの知り合いに書いて貰った、手紙を見せると職業の質問のみでトラブる事なく入国。

そっから、地下鉄に乗り、3回程乗り換え、目的の駅へ。
そこで、気づいたこと。
エスカレーターが、早くて急。
いる人が、黒人、白人、イスラム系と多人種。
地下鉄の、駅に、パフォーマンスエリアがあり、ライセンスを取得すれば、歌や演奏のパフォーマンスをして良いらしい。

そして、目的の駅に到着し、無事に仲間と再開。タイ〜ロンドンの機内で、よく寝れたせいか、そんな疲れもなく。
現地時間の9日11時(日本時間 9日 19時)
なので、約34時間なり。
スポンサーサイト



19:54 | 未分類 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
ロンドンへの旅2 | top | CaziCaziレコーディング~のMIX

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://cazicaziblog.blog86.fc2.com/tb.php/147-9696c4ae