スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑

ミックス作業

お久しぶりです。
ふっしい。@CaziCazi ミックス作業中です。

CaziCaziは7月末に初の自主レコーディングをし、ただいまミックス作業中
でございます。

CUBASE6を使って作業しています。
ちゃんとしたバンドミックスは初なので、色々試行錯誤しながら
楽しんでやってます。^^
今回は、ミックスにどんなものを使ってるかをちょっと、ご紹介。


cubase
★CUBASE6 の基本画面


そして今回、ドラム等の音圧稼ぎに活躍しているのがこちら
WAVES L3。マキシマイザーですね。 最近導入して、かなりお気に入り。

L3LL
★WAVES L3LL


こちらは、BASSの音を太くするのに使ったアンプシュミレーター IK Multimedia の AMPEG SVX。
ご存知、最近の音楽番組のベースアンプは、ほぼこれ。
AMPEGでございます。結構、音がよくなって、こちらもお気に入り^^
ampeg
★IK Multimedia AMPEG SVX


これは、T-RackS 3 Vintage Compressor Model 670
かけるとアナログ感が出て、バンドサウンドにはもってこいのコンプです。
COMP
★T-RackS 3 Vintage Compressor Model 670

最後に、Slate Digitalが開発したVCC。これは、かけるだけで、音がアナログ的な質感に
なります。主にドラムトラックにかけてるかな。
VCC
★Slate Digital VCC


ミックス作業をちょっとだけ、ご紹介しました。
ミックス作業は、ライブと違って、モノづくりって感じで楽しい。
でも、やりすぎて、気づいたら明け方になっちゃっうこともあったな。。。

でも、もうすぐ完成ですな!
楽しみにしていて下さい^^
ではでは~


PS. 最近は、毎日PCに向かっており、完全にインドアライフでございます。
  余裕があれば、CaziCaziの曲をリミックスしたオマケトラックも作る予定。
  






スポンサーサイト
00:07 | 未分類 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。